「人生の魔法の杖」の在り処

 

「魔法の杖は、どこにあるんだろう…」

「あの人に訊いても、つまらない棒切れしかくれなかった」

 

…「その棒切れでも歩けるのは、あなただからだよ」

…「そりゃ、お互い、人間ということでは同じだけどさ。あなたの旅路と、私の旅路は同じではないんだよ」

…「私の足は、両肩は、とても重くなってて、そんなんじゃ歩けないんだよ」

 

そう思って、ズルズル足を引きずりながら、今度はみんなが凄いと褒め称える先生に会いに行ってみた。

私の足の重りを外して、歪んでしまった足でも歩いていける魔法の杖はあるかしら…。

「あの凄い先生に尋ねても、魔法の杖どころか、つまらない理屈ばかり言われたよ…」

「先生の本? 読んだよ? 偉大なんだね。崇高だね。でも、私は楽しく歩けないよ?」

 

…「どうしたらいいですか?」

いろんな人のアドバイスも、たくさん訊いてきた。

随分と素直…にね。圧力で首が折れそうなぐらいに。

素直を通り越して、従順にさせられていたかもね。

本だって、薦められるから読んできたよ。

吐きそうなのに、目を皿のようにしてね。

でも、このモヤモヤした感覚は晴れないし、足の重りの鎖はますます硬くなるかのようだよ。

 

…「どうしたら、いいんだい?」

「誰か、教えられる人がいるなら、教えてくれよ…」

なんとなく、誰もいないんだろう…って、そんな気がするし、でも、自分ではどうしたらいいかわかんない…。

顔も見せたくないし、マスクは家の中でも付けてるし、外では絶対に帽子と黒いサングラスは外さない。

 

こんな私を、誰も見ないで…。

寂しいよ…寒いよ…

窒息しそうだよ…

何も考えられなくなるよ…

存在しているだけで、息しているだけで辛いよ…

誰か、助けて…

誰にも、助けられたくない…

真っ暗闇の中を、どれだけ過ごしただろう。

黒いスモッグが上から落ちてきて、全身を重く包み込んで身動き取れなくなる…

外は明るいのに、私は独りで…

誰も、私を知らない…

 

呼吸もできないのに「逃げないで」なんて、私を苦しめる言葉のナイフは、もういらない。

逃げるか、逃げないかは、私が決めること。

そんなこと言うだけ言って、一緒に歩いてくれるわけでもないのに言いっ放しだよね? 

満足かな? 私はその満足のためにいるのかい?

逃げないと死んでしまうなら、そりゃ逃げるでしょ!?

私に死ねと言うのかい?

 

「それぐらい、みんな耐えてるんだよ」!?

何を持って「それぐらい」?! 「みんな」と同じにしてる?!

矢が2〜3本ぐらいしか刺さっていないのと、20〜30本刺さっているのは同じなのかい?

そんなことは目に見えないからって…部分を切り取って矮小化するのはありなのかい?

都合よく置き換えて歪めてしまうのはあり、なのかい?

分かってくれなんて思いやしないよ。

 

ただ、少しずつ少しずつ、そのまま寄り添ってくれた存在だけが、心だけが、私のこわばりガチガチに固まり尽くした心を、壊さないでいてくれた。

その存在を見つめ続けること、感じ続けることだけが、私に唯一できる呼吸だった。

ガチガチに震える私への灯し火となってくれた。

知識なんかじゃない。もちろん、テクニックなんかじゃない。

キレイごとでもないし、悪に染まることでもない。

逃げたい私も、それも私。

逃げずに向かっていくには、スモッグにハマってる時に一人ではできっこないんだよ…。

真っ黒で重たいスモッグで呼吸不全起こすよりは、ずっといいよ。

それこそ、そんな空間に紛れ込んだら、みんな逃げるでしょ?!

全身を蝕んで嘔吐感が満載になったり、骨は軋むし頭痛もする。

当然、眠れもしないし、何も食べれやしなくなる。

 

… 耐えられる?

… みんなが皆、そんなのを耐えてるの?

そりゃ、他にも同じように感じている人はいるだろうけど、こんなこと「みんな」が感じてるの?

どんなにあがいても「耐えられない痛み」、それの本当は言葉になんかならないよね…。

心の中の風景なんて誰の目にも見えないけれど、ね。

そんな彷徨ってきた私に、不器用ながらも、あなたが伴にらせん階段を登るかのように、そのまま寄り添おうといてくれたから、私は生きていける。

少しずつ、パンドラの箱を開いて、スモッグを晴らせるように歩んでいける。

私のスモッグを知っても、一緒にいてくれる愛してくれる存在があるから…。

 

逃げずに晴らしていくには、いきなりになんて出来なくてね、順番があるんだよ。

そうして、その先の先の…自分の奥深くになんだろうね。

きっと、最大で最高の宝物、「人生の魔法の杖の在り処」があるとしたら…。

 

関連記事

新着ニュースレター(無料)

TOP