「先生! 子どもが! 子どもが!」 

(叫び声)「先生! 子どもが! 子どもが!」 

昔、子どもが深夜に高熱を出した際、病院に駆け込むイメージです。 

ガラッとドアが開くと・・・ 

「子どもが・・・います。。。」(高熱を出していたわけではない) 

(先生)「あ、はい・・・」 

(その後は ・・・ ご想像におまかせします) 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 思うまま話せて吐き出せたけど、なんだか後悔・・・

  2. 諦めたいと思っても、諦められないものを

  3. 常識の枠に囚われない・揺らがない。セルフ・タイムマネジメント。

新着ニュースレター(無料)

TOP