「先生! 子どもが! 子どもが!」 

(叫び声)「先生! 子どもが! 子どもが!」 

昔、子どもが深夜に高熱を出した際、病院に駆け込むイメージです。 

ガラッとドアが開くと・・・ 

「子どもが・・・います。。。」(高熱を出していたわけではない) 

(先生)「あ、はい・・・」 

(その後は ・・・ ご想像におまかせします) 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 「一隅を照らす、此れ則ち国宝なり」

  2. まさしく、大切な繋がり(^^)

  3. 心理バイアスが全くない人はいない

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

話し相手(傾聴)サービスのほんわか倶楽部でストレス解消

新着ニュースレター(無料)

TOP