「先生! 子どもが! 子どもが!」 

(叫び声)「先生! 子どもが! 子どもが!」 

昔、子どもが深夜に高熱を出した際、病院に駆け込むイメージです。 

ガラッとドアが開くと・・・ 

「子どもが・・・います。。。」(高熱を出していたわけではない) 

(先生)「あ、はい・・・」 

(その後は ・・・ ご想像におまかせします) 

関連記事

新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 「自分を許す」は嘘を付くことではない

  2. 求めるから得られない、ということもある。

  3. (ご紹介)人生に疲れた人へ

メールが大事と分かってはいるが…「初期費用が…」「作成の手間が」「配信結果が分からない」「必要な機能を購入すると結局、高くなってしまう」。Benchmark Emailならコストに見合った最大の効果を実現↓

新着ニュースレター(無料)

TOP