他人の悪口を言うと「自分自身を傷つけてしまう」

◆ 脳は ” 主語 ” が認識できない。

他人の悪口を言うと「自分自身を傷つけてしまう」のだと、脳科学では言われています。

どういうことでしょうか?

脳の感情を司る部分は主語を理解できないため、”自分の発言はすべて、自分のこと”ととらえてしまうのです。

そのため、他人の悪口を言うと、脳内では自分が悪口を言われていると判断し、自分が傷ついてしまうのです。

悪口ばかり言っている人が自己嫌悪に陥るのは、そのためです。

また、自分を守るため、さらに他人に対して攻撃的になります。

相手を褒めれば、自分にも良い方向に向かいます。

相手を褒めたときには、自分が褒められたときと同じ状態になるため、気分も良くなり、自尊心も高まります。

反対に、例えば、試合などで「相手がミスしろ!」と思った場合、自分に呪いをかけている状態になっていて悪影響です。

反対に「相手がうまくいけ!」と思うと良いのです。

実際に、誰もが知る大きな実績を残した、あるプロゴルファーの方は、大勝負のとき「対戦相手がうまくいくように」と願うんだそうです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. いらないコツ・・・(^^)

  2. 「これは良いこと」・「これは良くないこと」の切り分けの○○

  3. 痛みからの成長ー経験を糧にするとは?

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

話し相手(傾聴)サービスのほんわか倶楽部でストレス解消

新着ニュースレター(無料)

TOP