コアへ向かうこと

平穏に一日を過ぎて、経身に刺さるような寒い夜。

一人、ノイズのない静かな時間で、パチパチとキーボードを叩く。

平穏だけど、立ち止まっているわけではない日々。

地道だけど、自らのコア(本質)を形にして生きるための時間。

時に堂々巡りしたり、荒波もあったけれど、今は漂いながら進んでいる。

巡り巡って視えてきたものものを、それと感じながら感性を失くさぬように。

磨き続けていけるように。

巡り巡っても進もうと、ギリギリを何度越えようと歯ぎしりしながらも。

そうして進もうとしてきた日々は地力となって、醸し出すものとなる。

シンプルに…。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 傾聴での「共感」

  2. 「主観」ばかりのケースに感じられるキケン性

  3. 虚業 実業

新着ニュースレター(無料)

TOP