「どうせ、きっと、私なんて……」

 

いつからか、この感覚がめっきり出て来なくなっている。

思い出そうとしても、なんだか思い出せない。

通り抜けて忘れてしまったのだろうか。

ため息を吐き出すだけ吐き出して、グダも巻いてから

ダメなら、ダメじゃない方角と場所を探して行けばいい。

そういえば、「昔は良かった」みたいなことも、全然、思わない。

かつて、多幸感が絶望の日々に変わったことも、

今は為るべくして為ったのが分かるし、

散々、考え尽くしたからか、戻りたいとは思わなくなった。

トンネルをいくつも抜けて抜けて、自然と前だけを観てる感じ。

 

だけど、もちろん、完璧なんかではない。

ふいにわき起こる劣情もあるけれど、振り回されることはない。

あの時、あの抑圧や不安に流されなければ、どんな人生になっていたのだろう?

 

結局、それからは外れて、元々、自分が求めていたものに寄ってきているが、

少なくとも大幅に遠回りすることもなかったのではないか?

染まることも、変な影響も受けることはなかったのではないか?

 

ふと、そう思ったりすることはあるけれど、すぐに薄まる。

右往左往して遠回りして年数を費やしてしまって、

心理面でも自分にとってマイナスの要素もあったけれど、色々なリアルが観れて感じられた。

それが挫折を少ししか知らない純粋培養よりは、私の味になっているのだろう。

きっと。

どんな味に感じられるかは個々に依ることだ。

関連記事

TOP