虚業 実業

教える系ワークの場合(コンサル系を含む)で、クライアント様からいただいた代金の、最低でも三倍以上の数字は挙げられていますか?

弊社は、1999年の創業時より、現場主義にこだわり続け、9割以上のクライアント様には成し遂げていただきました。

その後、ちゃんと自立していただいた後でも、それ以上の数字を保てられていますか?

それが「虚業」でない「実業」だと思っています。

いたずらにクライアント数が多ければ、それが実績?

クライアント数を増やすのは、集客スキルがあれば、結構できてしまうことです。

その内訳の現実は、いかがなものですか?

見る人が見たら、わかることです。

車の運転も出来ないのに、車の運転を教えようとしたり、カリスマ的に、または悟りを開いているわけでもない先駆者の言葉を借りてきて、なんとなく宗教のようにしていませんか?

自分で出来ないことを教えることは出来ません。

教えるのが上手く見えても、実践出来ていない人から教われば、結局、実践できないのではないでしょうか?

「先生」とチヤホヤされたり、もてはやされたりすることにウェイトを置くより(そんなん、どないでもエエねん)、まずは、実践・体現できるかどうかだと、それが最も腑に落ちるし、本当だと私は思っています。

インストラクターの基本原則として、「教えられる」ということは「10」の実践ができて、そのうちの「1」ぐらいを教えられるというものがありますが、この言葉が忘れられません。

逆に言えば、「1」のことを教えるには、その「10」倍が自らできるからこそ、というものです。

リアルに目指したいところです。

知っている・ワカル・デキル・教えられる

関連記事

TOP