泥水は受け止めるけれど、増やすためではない。

 

人をコケ落としたり、茶化したり、しまいには恫喝したり、いずれのルサンチマンでも、それ自体がモノゴトの改善になるというより、しこりを創るほうが多いのではないか。

そもそも、ルサンチマンに囚われている限り、排他性が伴い格が低いとなる。

自己調整を怠り、格の低さでモノを語っても、泥水を増やす。

泥水から表現として昇華させていくのが、改善アクションであって、そのようなプロセスが感じられるものに、私はココロが震える。

対人折衝の手法であれ何であれ、揶揄したりするのは、起業家のそれではないと私は思う。

自立心とは、何か?

関連記事

TOP