いつも「時間がない」と追われている方へ

◯ 効率よりも効果

 

新しく、何かをやろうとする前に、何をやらないかを決めると、その分、余白・空間が出来ますね☺️

これは、よく言われていることでもありますが、しみじみ大事に思います。

「やらないことを決める」とは、アクションの断捨離で絞り込みです。

かけられるリソースも、そこに絞り込めて、解像度もあがります。

人と接するには、自らの解像度が上がっているほど、どこを丁寧にするかのポイントも感じられやすくなって来ます🍀

例えば、対話の中でエッセンスに絞り込んだほうが良いところと、かみ砕いていったほうが良いところの違いが、明確に感じられているかどうか、などもあります。

その場で分けるところと、そうでないところと。

 

いずれのためにも瞑想は有効ですが、瞑想することで迷走を防げますね😁

やらないことを決める断捨離は、全く「無駄」?なことをしないと言っているわけではないです。

いえ、少し語弊がありますね。

これは、例えば、直接に仕事に繋がっていること以外はやらないとか、仕事以外はやらないなどの極端なことではないということです。

ダラダラ、怠惰よりも、のんびり、じっくりのような感じです🍀

他にも「やらないことを決める」というのはあると思いますが、この時に「時間管理のマトリックス」も分かりやすい指標として、とても参考になるかと思います。

 

『ダイヤモンド・オンライン』
忙しいのに仕事ができる人、できない人の時間管理術』より
https://diamond.jp/articles/-/40492?page=4

『プレジデント・オンライン』

なぜいつも心身が疲弊しているのか』より
https://president.jp/articles/-/11683?page=2

 

効率やスピードも場面によっては大事ですが、場面により、物事を阻害してしまう両側面があります。

場面により「効率よりも効果」のほうが、何百倍も大事に思います。

物事は杓子定規ではないからです。

 

私も1人で行うデスクワークや家事などは、とんでもなく効率的で早くて、かなり無駄な動作を削っている。

元・料理人の技のようだなと、自分で感じるときもあります。

ですが、とくに対人関係においての時間や質は、とても重要に思います☺️

咄嗟に切り替えるのが難しいときもありますが、とくに対人関係においての時間や質は、とても重要に思います☺️

全ては、ここから始まることのようにも、ひしひしと感じます。

質が違う関わり方、呼吸も味わいも見えているものも違う関わり方。

これは何も、メタ意識や高次ばかりを優先するということではありません。

次元の違いの中で、どう相互尊重して、どう相互理解して、どう最適解を探していくかなどのアサーティブな関係性の中に、また深い味わいがあると感じます。

何より、私たちは生産性のためのロボットではありません。

ロボットになった途端、心の生産性はだんだんと下がり、遠からず無くなります。カチーン…

今ここを、心地よく味わえているかどうかですね☺️

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 「陰」を観続けたからこその「陽」の灯火

  2. では、目の前にお客様がいなければ、どうなりますか?

  3. 馴れ合いか、緊張を超えた先か

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

メールが大事と分かってはいるが…「初期費用が…」「作成の手間が」「配信結果が分からない」「必要な機能を購入すると結局、高くなってしまう」。Benchmark Emailならコストに見合った最大の効果を実現↓

新着ニュースレター(無料)

TOP