あ、いいな.biz むらぶ~ろ^^

味の素を考える ~ 互恵互利な価値ある成長 ~ 影響 ~ 創意工夫 ~ それらの味の素

痛みは、強み。弱さは、強さ。

time 2017/09/02

痛みは、強み。弱さは、強さ。

 傾聴をする側としては、痛みを痛感してきた人間ということも、1つのポイントになると思います。

 「長所と短所は、同じコインの表と裏」、表裏一体とも言いますね。 

 痛みを知らない人に、痛みの話をしてもなぁ・・・となるかもしれませんが、そこを経て来ている人なら・・・という意味です。 

 例えば、風邪をひいたことがなく、高熱を出したことのない人がいたとしたら、風邪で高熱をだす、しんどさは、その人には分からないわけです。

 

 ですが、自分自身が風邪をひいて高熱を出している最中だとしたら、まず、ご自身が回復してくださいね、となります。

 ただ痛みを痛感してきただけに留めないことが大事です。

 「痛みにとらわれている人に、自らの痛みの話をしたら、どつぼにはまるのではないか?」と、誤解を招いてしまったらご指名にはなりません。 

 痛みは痛感してきたし、今も内部に傷は抱えているものの、○○を経て、前を向いて新しい今日を生きられている、という・・・痛みがあるからこそ、見えるものを自覚できているかどうか、です。

 このほうが、良い面だけを着飾って見せるより、グッと伝わり深みのある頼りがいとして魅せられます。 

 競争社会から見ると、一見、弱みに見えそうなことが、傾聴をする際は強みだったりします。 

 ただ、間違っても、クライアント様に悲壮感を味わらせることのないように、プラスに転じさせる熱意を同伴させることが肝要と思います。 

 もし仮に、自分自身が、自らの痛みなどは抱えていたとはしても、そこに今でもはまっているとしたら、自己肯定感を取り戻し、高める取り組みが必要になってくると、私は思います。 

 完治はしないにしても、寛解の状態ではいたいと思うところです。 

 「弱さは強さ」 ・・・ 5年ほど前、泣きじゃくっていたある人に伝えた言葉でした。

 

 

運営者

むらた つとむ

むらた つとむ

ネイティブ・アメリカンの有名な言葉~「あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だから、あなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい」

少しでも、このように生きたいね^^

~ 親愛なる娘へ

[詳細]



話し相手サービスのほんわか倶楽部でストレス解消