コンテクストのマーブル

自分のためだけに言いたいことを言っているのと

少しでも誰かのため……という想いが

込められているものは違いをかもし出す

 

誰かのためと匂わせつつ

自分のほうに偏らせようというのも

逆の意味の臭いをもたらす


 
前後左右 コトバの奥が感じられるほどに

その移り変わるマーブル模様がおもしろい

 

人に気遣いをし過ぎるタイプが

意識的に自分のためを大事にしようとするのと

人に気遣いをしなさ過ぎるタイプが

無意識に自分のためを大事にしているのと

対比すると どないだろーかー?と思ってみたり

 

自分を大事にして自立した個人主義と

自分勝手にワガママ三昧との対比とかね

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 厳しさと 排他的は 似て非なるもの

  2. 少しだけ立ち止まって、見てみていただけますか?

  3. 山登りと、らせん階段

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

話し相手(傾聴)サービスのほんわか倶楽部でストレス解消

新着ニュースレター(無料)

TOP