書き手として読む

よくご存知のように、世間には実に様々な書籍があり、増え続けていますね^^

私も学生時代ほどではないにしても、必要に応じて購入することがあります。

今は、Amazonなどでも中古で、随分とリーズナブルなのにキレイな書籍が購入できて、ますます読み手側の敷居が下がってきたな、とも感じるところです。

さらに、電子書籍系のサービスも充実してきて、尚さらですね!

私の学生時代の頃とは大違いで、今は私もその恩恵にあずかってはおります^^

ここでは、そのようなサービスをご紹介するのが主訴ではありませんが、前フリとして触れてみました^^

 

「書き手の視点で読む」

 

そういえば、昔、ライター系(ジャーナリズム系)の学校に行っていた頃、恩師に言われたことを思い出しました。

まず、「水を飲むように、日常的に、たくさん読みなさい」でしたね^^;

具体的なペース、何日に一冊の読破だったか数字は忘れてしまいましたが、「読まないで書けるなんてことはないから、そうして地力を養う元にしなさい」という意味です。

あくまで、プロを目指すための場所ですと、このようになるわけですが、この記事にアクセスしていただける方の大半は、そのようなつもりではないと思います。

ですので、ここまでするかしないかは自己判断だと思いますし、私から先生のように求めるというわけでもありません。

今は私も、そこまで出来ませんし時間的に無理ですので、昔とった杵柄のような話でしかありません。

何かのご参考に?なるかどうかは分かりませんが、思い出したことを綴ってみたまでです^^

学生時代、調子の良い日は1日に三冊などを速読ではなく、しっかり読み込む日々だったりしました。

この辺りのことは、「守・破・離」にも通ずることかと思います。

 

当時は、たしかに、それが地力を養う元にはなっていったと感じていますし、「速読」を知る前から読むのも早くなっていきました。

そうして何十年か経った今は、読みすぎると迷路にハマって、逆に書きづらくなるので調整している(沢山は読まない)という感じです。

そこまで読まないと書けない、というのは、書くものにもよってくるかと思います。

 

ライターとしての読む姿勢・読み方

 

 ポイントは、読む時は「読み手」ではあるのだけど、「書き手として読む」ということです。

そうすることで単なる鑑賞ではなくなってきて、見えてくるものも違ってくるものがあります。

単なる読者として読んだら、おもしろい・つまらない・大したことない等の「ふ~ん(´・ω・`)」視点になるかもしれませんが、そもそも、万人に受けるものなどありません。

それでも、人生を左右させるほどの書籍に出逢うことも、時にはあるかもしれませんが、滅多に巡り合わないのではないでしょうか?

通常は、書き手として「資料の1つ」として目を通す感覚ですね。

これは、書き手としてだけではなく、コンサルタントとしての本の読み方にも通じます。

  • なぜ、この切り口で書いたのか?
  • なぜ、この文体で書いたのか?
  • なぜ、この文章構成で、この言葉で、このフレーズで・・・etc

これらをイチイチ、ノートに記して分析する分析家さんになりましょう、という生活に無理がかかりそうなことではありません。

それらを内側で感じながら読むようにする、というまでの意味です。

このことは「書き手の顔を持つなら、当然のことよ」のように教わった記憶がありますし、そうだよなぁ、と思います^^

 

一冊の書籍に求めすぎない^^;

 

 

書籍として出されているからと言って、真に受けるのではなく、内容によっては、その裏?を観ようとする視点も必要と教わりました。

そうして習慣づけていくと、たしかに見えるものは違ってきますし、内容の善し悪しに一喜一憂することもなくなります。

その視点で、書籍販売サイトでのレビューなどを観ていますと、「一冊の本に、どこまで求めるんだ?!」と思えるレビューも多いな、と思います。

本は「紙様」で出来ていますが、「神様」ではないですよね。

一冊の書籍ぐらいで、読み手のニーズや欲求を満たしきれるほど万能なわけがありません^^;

それに定価で買っていたとしても、そこまでの欲求を満たせるほどの金額を支払いましたか?とも思ったりします。

まるで、何かの「体験セミナー」に参加して、それで「全てを網羅していないから」と文句を言っているかのようにすら見えます。

例えば、「体験セミナー」は、あくまで導入部分、ダイジェスト版、オリエンテーションのような要素もあり、価格は5,000円だったとします。

本格コースでは、リーズナブルに見積もっても、クオリティを保つためには最低でも30万円ほどのコストがかかる内容(価値)だったとします。

本当に価値を享受するには、それを見極める目も必要ですが、何らぼったくりではなく適正価格、または良心価格だとしてもコストがかかるわけです。

価格を付けるということは、お相手と自分の価値を認める、ということでもあります。

しまいには、一部を取り上げて全部かのように評される風潮?に関しては、下記の拙・記事で綴ってみました。

 

覚えなくてもいい

 

テストを受けるための教科書・参考書のような位置付けではなく、資料なので、その中身まで全て記憶しておかないとならない、ということもありません。

どの書籍に何が書いてあったな、ということぐらいを、ざっくりとでも把握しておけば、手元にあるのだから必要な時に見直せば良い、という「参考資料」ですね。

あれもこれもと暗記しなくて大丈夫、ということです。

そうなると、必ずしもしっかり読み込まないとならないというプレシャーからも解放されて、まずは、さっとでも目を通しておけば良いということとも考えられます。

積ん読していても気にならない。「参考資料」ですから^^

さっと目を通しただけでも、自分の中に残るものは残りますし、一生懸命に読み込んだとしても残らないものは残りません。

無理に残そうとすると、私は内心で軋み(きしみ)を感じます。

内容によっては浸透させたほうが良いものもありますので、その場合はきっちり読み込んで染み込ませたりなどです。

 

「事件は現場で起こるんだ!」

 

いずれにしても、書籍は「著者」と「編集者」という他人のフィルターがかかっているものですので、1つの「参考資料」としては良いのですが、「情報ソース」としては、二次資料・三次資料です。

一番の情報ソースは、リアルな現場にあり、それを自らがどう観るかによりますよね。

「現場」とは取り巻く環境などの「外観」もそうですし、書くテーマによっては、自らの内側の「内観も現場」のように、私は思います。

「内観が現場」のテーマの場合、むやみに書籍を読みすぎると、内観が観えにくくなったり、観えなくなってしまうことも私はありますので、書籍を読むことが優先にはなりません。

 

・・・・・

もっとも大切なのは、ここで記すまでもないかもしれませんが、アウトプットすることで何を目指すか、求め続けていくか、という「目的」にあります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. ほんわか倶楽部は「お悩み相談所」?

  2. コンテクストのマーブル

  3. 佇んでごらんよ

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

話し相手(傾聴)サービスのほんわか倶楽部でストレス解消

新着ニュースレター(無料)

TOP