私の個人的な悩み^^

私がドリンクを入れようと思い、キッチンに立ったときのこと。

我が家の猫も走り寄ってきした。

しかも「ニャア~!」と鳴いて、足元をクルクル・・・。

普段は、あまり鳴かないのにです。

 

そこで私のドリンクは後回しにして、この子のご飯の残量を見ました。

「しっかり入ってるやん^^!」(そういや、少し前に入れたばかりだった・・・)

 

もう、これで明快です。

そうです、オヤツが欲しいのです。

私の手の上に少しずつ出してあげる、チュルチュルという縦長のチューブに入った、ドロっとした、猫用オヤツ。

我が家の猫の大々好物です。

あげたら、あげただけ、ペロリと食べます。

仕方ないので、一本分を上げました。一本が一回分のものではあります。

オヤツで、お腹いっぱいにさせるわけにはいかないと思い、いつも一日一本ぐらい、多くても二本です。

それよりも、カリカリのほうをしっかり食べてもらわないと、です。

価格の問題というより、年齢的(18歳)にも健康面を考えます。

年齢に応じたもので、動物病院からもお墨付きのカリカリをあげています。

そう思って、オヤツは一本に止めました。

その後、私はトイレに行きました。

普段はついてこないくせに、今回はトイレにまで付いてこようとWWW

そんなに欲しいのか(^^)

でも、あげずに様子を見ていると、毛布に潜ってじっとし始めました。

ここ数日、暑さもあり、エアコンも弱めにしかかけていないので、毛布に潜るなんてしてなかったのに・・・。

ふて寝か?ww

その後、度々にわたる無言の視線(プレッシャー)で、結局、またオヤツをあげることにはなるのです・・・。

そんな潤いの日々を与えてくれているピースとの出逢いについては、以下に記しました。

ピースとの出逢い

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. まずイメージ

  2. 前提条件の違い

  3. それは、あなたの周りだけかも

新着ニュースレター(無料)

TOP