「他人からの評価なんて、どうでもいい」のノンフロー

 

たまに見かけるような書き手さんの言動で「他人からの評価なんて、どうでもいい」的なことを耳にした際に、ふと思います。

私なら評価は、あくまで1つの参考指標としてしか思わないし、どうでもいい、とは言いません。

そんな物事より、自らの内から、自分の言葉が紡ぎだされなくなることのほうが、コワイことだと私は思います。

「どうでもいい」と言うこと自体、その人は囚われているのだから……。

囚われていなかったら、反応そのものをしません。

囚われるほどに、自らの言葉は詰まるか歪むか、いずれにしろ不毛に向かいやすくなってしまうと予想されます。

評価など変えるのは、そう難しくなく、表現者にとっては、さして重要でもないであろう、と思うのです。

せめて、言うとしたら「どうでもいい」より、「どちらでもよい」かな、とも。

それよりも評価でペンが歪まないように、そのほうが何百倍も重要ですね。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 新人刑務官と或る死刑囚の物語を読んで

  2. 「他人の不幸は(自己顕示に)蜜の味」ですか?

  3. マーケッターもグロースハックを

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

話し相手(傾聴)サービスのほんわか倶楽部でストレス解消

新着ニュースレター(無料)

TOP