絶望からの希望を見出だしていくために

 

哀悼の意を強く感じながら、私には参考になった記事でした。

(同記事を記した江川紹子さんは、かつて私が東京にいた頃、直接、学ばせていただいた先生のうちのお一人でした)。

つい感情的になる余りに本質を観ようとせず、早とちりをしてしまうことは逆効果にしかならないと考えられます。

同じような理不尽・不条理を起こさせないために考え続け、認識を反映させていく必要があると言えます。

絶望からの希望を見出だしていきたいと願います。

 

 

関連記事

TOP