ピースとの出逢い

我が家の猫は「ピース」という名前です^^

今も私の、すぐ横におります^^

今回は、ピースとの出逢いを思い出して書きますが、気の向いた方だけお読みいだたければ幸いです。

 

ピースとの出逢いは「必然」、まさにそんな感じでした。

出逢ったのは、1999年の3月末か4月に入った頃だったと思います。
今からですと、18年前ですね。

まだ肌寒かった日の夜、強めの雨の日だったのを覚えております。
当時、付き合っていた彼女を家の前まで送った、その帰りに出逢いました。

その元カノの家のスグ横は小学校があり、グラウンドもありました。

私はその横の歩道を歩いて帰っていたのですが、どこからか「ミャア~、ミャア~」と、弱々しくも必死の声が聴こえてきました。

「なんだっ?」と思うと、真向かいから、小さい小さい仔猫が冷たい雨にずぶ濡れになりながら、フラフラ、ヨタヨタと歩いてきました。

ヨロヨロとまっすぐ歩いてもいなければ、今にも崩れそうな姿勢です。
それが、ピースとの出逢いでした。

私の目の前までの位置になると立ち止まって、私の顔を見て、必死で「ミャア~! ミャア~!」
私の第一声は「どうしたんっ?!」でした。

片手に乗るぐらいの小ささで、冷たい雨に打たれて、場所的にも捨て猫か?と、スグに思いました。
でも、家は猫が飼える物件ではないし・・・少し、躊躇(ちゅうちょ)してしまいました。

その子の毛色は、昔、一緒に暮らしていた猫にも似ていました。
当時、一人で一軒家に暮らしていて、自由に外にも出していて、ケンカにも強い猫でした。

それが、最後まで面倒を見てあげられないことになってしまって、すごく後悔して、ひどく自分を責めて続けていた時期が私にあります。

そうして何年も苦しく続いた痛みが、和らいでいた頃の出逢いでした。

でも、私は過去を思い出し「自分に飼う資格はあるのか?」とも思い、余計に躊躇してしまっていました。

その間も、その小さな猫は私の目の前で必死に「ミャア~、ミャア~」と訴え続けています。
見た瞬間に、このままだったら、冷たい雨の中、この子は朝まで持たない!と思いました。

それでも私が手を出せないまま、かがんで「寒いよな。大変だよな。お家は?」などと話しかけていましたが、その子のなき声が「飼ってよ! 飼ってよ! いい子にするから! 飼ってよ!」

まるで、そのように訴えてきていると感じました。

「飼いたい! この子を、うちの子にしたい!」

内心では、一瞬で強くそう思っていました。

・・・ などと思っているうちに、「ミャア。。。」と私の横を通り過ぎようとします。
(もう、いいよ。。どうせ、飼ってくれないんだね。。。)という声が聴こえてくるかのようでした。

もう、たまらず手をだして抱きかかえてしまいました。
それから元カノに電話して、どうしようか、と相談はしたものの、元カノは団地の実家で家族もおります。

その間も私の胸のところで「ミャア~、ミャア~!」が止まりません。
「飼ってよ~! 飼ってくれないの~?!」と言われているかのようでした。

その後の会話のイメージ・・・

「うちの子になる?」 ⇒ 「ミャア~、ミャア~」(うん、なる!)
「うちでエエんか?」 ⇒ 「ミャア~、ミャア~」(うん、いいよ!)
「一緒に帰るか?」  ⇒ 「ミャア~、ミャア~」(うん!)

それでも、どこかの飼い猫だったら勝手に連れて帰ってはいけないと思って、夜21時過ぎにはなっていましたが、周辺の家、3件ぐらいは聴いてみました。

「この子、そこのグラウンドの脇にいたんですが、どこの子か知っていますか?」

時間的にも、突然の訪問者にビックリされるだろうな、とは思いましたが、当時、私は訪問営業マンの仕事をしていたのでと思い切れました。

その頃には「ミャア~、ミャア~」の声も、少し静かめになってきていました。

私の胸あたりの体温で温まってきたのかな? それなら良かった。。。
カッターシャツの胸ボタンを開けて、Tシャツとの合間に、その子を入れていました。

予想通りと言いますか、やはり、誰もこの子のことは知らないようでした。

そうして、私も「よしっ、一緒に帰ろう! 今日からうちの子やで(^^)? もう大丈夫やからな」、この子と一緒に生きていく決心が付きました。

「最後まで一緒に居てあげられなかった、あの子の生まれ変わりかもしれない」
「埋め合わせになるかはわからないけど、今度は最後まで幸せに一緒にいてあげよう」
「巡り合わせてくれたのかもしれない」

それから早、18年。
至らぬ私に巻き込まれて、ピースも色々なシーンを私と経てきました^^

そんなピースとの一コマ・・・^^↓

私の個人的な悩み^^

 

こちらのサイト『ペットファミリー』は、私が開設しました。

犬や猫の保護、里親募集についての情報アンテナサイトです。

犬猫里親募集

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 実績を前面にアプローチされてきたら?

  2. 常識の枠に囚われない・揺らがない。セルフ・タイムマネジメント。

  3. PDCAのカラ回り

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

話し相手(傾聴)サービスのほんわか倶楽部でストレス解消

新着ニュースレター(無料)

TOP