「言葉」はオモテに出したときから独り歩きする

ご存知のように、「言葉」はオモテに出したときから独り歩きするものですね。

ちなみに、私が初めて大勢の人の前に、自らの文章が出たのは、20歳の頃、ある共著の書籍に書かせていただいた時でした。
(今とは全く違うジャンルですし、公開しません)。

それまでも作文やレポートなどで賞を取ったことはありますが、その比ではありませんでした。

書店に並んでいるのを見たとき、まったく見知らぬところで言葉がどう独り歩きするのか、と思うと、若干、20歳の者としては、まさしく身震いしたことは今でも覚えています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 呑みニュケーション・コラム? ~その壱~

  2. 「おもしろい」?

  3. 書くことと「傾聴」の意識は似ている?!

新着ニュースレター(無料)

TOP