台風21号。。。

9月4日に日本に上陸して、5日には近畿を襲い、その後も東海・北陸・北海道で記録的な暴風雨をもたらした台風21号。

観測史上の最大値を各所で示していたようですね。

台風21号に関する被害に関する記事アーカイブの一覧は、Yahoo!ニュースなどで掲載されております。

私も大阪府在住ということで、ご心配のご連絡をいただきました皆さま、その節は、本当にありがとうございます!

この台風で逝去の報に接し、心からお悔み申し上げます。

怪我をされた方、被害にあわれた方々の、早い回復と復旧を願っておりますと共に、復興にご尽力いただいております方々におきましては、何卒、安全にご留意いただきながらのご活躍を祈ります。

 

私は、また今回も台風かと甘くみておりましたが、時間の経過とともに暴風雨の強さが、今までと違うぞ、と感じるようになりました。

自然には勝てないですね。まさしく、自然の脅威が身に刺さるように体感することとなりました。

最初、台風に関するニュースも観ていたのですが、そのうちテレビも映らなくなり、インターネットで速報を観るようにしていました。

そうしている内に、どんどんと強くなっていく暴風雨の中、どこかから古い木片が飛んできて、窓がガシャーンと割れたり、外壁に穴が空いたりしました。

 

「あっ、窓、割れたっ!」

 

窓に、飛んできた木片が突き刺さっていました。窓から離れた所に座っていて、まだ良かったです。

古い釘も付いていた木片は窓から押しやって取り除いたものの、そのままでは、雨や風が強く室内に入ってくる一方です。

カーテンが激しく、あり得ない舞い方をしてくれています。

もう、前日、あまり寝てなくて身体がしんどい~orz・・・などと言っていられません。

飛び起きるように窓の応急処置に取り掛かかりはしましたが、全く想定もしていなかったことで、暴風雨の中、作業するなど初めての経験でした。

材料だって大したものはなく、ガムテープとダンボール・・・という、強烈な雨風の中では何の役に立ちそうもないものしかなく、ベチャベチャに濡れて足元のゴミになっただけです。

そうこうしながらも、離れて暮らす小さい娘(台風は全くの初体験)のことが、すごく心配になりつつも、わが家の猫が騒ぎ出して歩き回り始めます。

自分はまだしも猫にケガをさせるわけには行かないと思い、まず、ガラスの破片の掃除を速攻でして、窓の応急処置に戻るも、とにかく急いだ挙げ句、私自身は手や腕、足に軽傷をおいました。

強い風の中、なんとかしようとしているうちに、ガラスの割れた所に複数回、触れてしまったり、破片が刺さったりしてしまったようです。

離れた所に居てもらっていた猫は全くの無事でしたが、私は傷の手当も儘ならない最中、雨でずぶ濡れになり血を流しながらの、なんとも言いようのない作業となりました・・・^^;

結局、応急処置も大したことは出来ず、室内のドアを外して割れた窓の箇所に立てかけて、重たい物で抑えるぐらいでした。

それでも、台風の移動スピードが早いほうで夜間には過ぎてくれたのが、まだ良かったです。

その後の漏電も、水漏れもなく済みました。

自分の血が飛び散っていたのが、我ながら痛々しい感じもしましたが。。^^;

私は無理がたたり、とにかく疲れ果てて、無理な動きで腰の痛みまで出ていましたが、その後、数日かけて回復に努めています。

 

さらには、マンション・ベランダの仕切りパーティションは、隣室も、そのまた隣室も、見事に柱ごと吹っ飛んでおりました。

夜になって来ていただけた管理業者の方が、その有り様を見て「ヤバイ」を連呼しておりました。

管理会社の方から電話で聴いたところ、他の物件でも多数、同様の被害を受けているということで、てんてこ舞いの雰囲気でした。

そのような中でも、なんとか段取りを進めようとしていただけていることに、とても感謝です。

台風があった当日から、夜遅くまで動いておられて、ご自身やご家族のことなど心配になるだろうに・・・と思ってしまいました。

 

わが家は電気・ガスが止まることもなく、被害と言っても上記ぐらいのもので、まだ軽い方と言えますが、一つ違えば、この程度では済まなかったのかもしれない、と、後になって実感が湧いてきました。

テレビが受信しなくなりましたが、その間、ネットでニュースを追いながら、翌日には復旧しました。

そう遠くない同じ区内や隣接都市では、電気・ガスが止まった、信号も止まり、浸水もあったり、車の窓ガラスが割れたり、道路も交通止めになったりなど・・・様々、その日のうちに人づてで聴きました。

その後、ニュースを見ていく内に、今までとは違い尋常でない事態になっていることを知りました。

電気・ガス・水道、家屋・施設、関西空港を始め、各所の復旧は進められているようですが、まだまだ至っていない所も多く、状況をモニターしていくと共に、一刻も早い復旧を祈ります。

どうか、一日でも早く、心穏やかな、平安な日常を取り戻していただけますように願います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 「陰」を観続けたからこその「陽」の灯火

  2. タイミングを活かすための”静”

  3. タイミングには乗る(ひとり言)

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

話し相手(傾聴)サービスのほんわか倶楽部でストレス解消

新着ニュースレター(無料)

TOP