思うまま話せて吐き出せたけど、なんだか後悔・・・

もし仮に、傾聴サービスの実施後、以下のようになったとしたら・・・? 

 

 (傾聴クライアント様): 

 「思うまま話せて吐き出せて、その時は、さっぱりしたような気がしました。 

 ・・・ だけど、後になって、なんだか後悔していると言いますか、後味が悪くなった感じがします。 

 聴いてもらえたのは嬉しかったのですが、なんだか言わなければよかったな・・・と。。。」 

 仮に後日に、このようにクライアント様に言われたとします。 

 さて、この要因は、どこにあると思うでしょうか? 

 今回のトピックはワーク形式にします。 

 お手元にメモ用紙とペンをご用意いただき、書いてみていただけますでしょうか? 

 その内容を、最下部のコメント欄に入力していただけますでしょうか? 

  
 それでは、シンキング・タイム(考えるお時間)です。 

 ・・・・・・・ 

 ・・・・・・・ 

 ・・・・・・・ 

 ・・・・・・・ 

 ・・・・・・・ 

 ・・・・・・・ 

 ・・・・・・・ 

 ・・・・・・・ 

 ・・・・・・・ 

 ・・・・・・・ 

 これは、クライアント様に実感を持っていただけるように、心で支えるように聴けていなかった、ということが言えます。 

 クライアント様としては、本当に受け止めてもらえたという実感が薄かった、ということになります。 

 どこか刹那的になった、とも言えるかもしれません。 

 これでは、自己肯定感を得ていただけることには繋がりませんね。 

 問題を整理・客観視するどころか、問題を増やしてしまっていることになります。 

 (あぁ、自分は言わなければ良いことを、他人に聴いてもらって楽になろうとしていたんだ。。。 情けないんだ。。。) 

 この心境からは、自分自身で腑に落ちる方向性を、自らの中から見い出す、自分らしく・・・ということを、邪魔してしまうことにもなりかねません。 

 つまり、形だけ傾聴っぽくなっていたら良いということではありません。

 そんな簡単なことでは「受け止められた」という、心から良かったと思える実感が伴うはずもありません。

 傾聴者が質問で、傾聴者の都合の良いように誘導をかけても、それは「傾聴」ですらありません。

 相づち1つでも、傾聴中の反応する言葉に、どんな気持ちを乗せているか?が、本当に大事です。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 起業家あるがゆえの苦しみと打開力

  2. 無理に許そうとしない

  3. 書き手として読む

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

話し相手(傾聴)サービスのほんわか倶楽部でストレス解消

新着ニュースレター(無料)

TOP