聴いてもらうだけで、どうなるんだ?と思いつつ

私自身、学び続けながら、ほんわか倶楽部のブログ記事などで、少しでも傾聴のポテンシャルについての伝播し続けることはしていきます。 

(書く手が、追いついていなかったりしますが・・・^^;) 

さらに、実際の傾聴サービス実施時には、少しずつでも、そのことを体感していただけるように、傾聴メンバーの方々とともに進んでいけたら、と取り組んでおります。 

実際、何度もリピートしていただいているクライアント様で「村田さんが、ほんわか倶楽部のホームページで書かれていた、傾聴の意味が、やっと、分かった来た。

聴いてもらうだけで、どうなるんだ、と思いつつ、聴いてもらいたいから話ししていたけど、それだけじゃなかったんだ」と、嬉しそうに言われた方もおられます。 

・・・ 忘れられない言葉です。

内容的には、こちらの2番まで進めていけた際に出てきた言葉でした。

 

傾聴の3つの目的 + もう一つとは?

 

関連記事

新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 「聴いてあげます」・「聴かせていただきます」

  2. 傾聴での「共感」

  3. 有限であるということ・運命を好転させるということ

メールが大事と分かってはいるが…「初期費用が…」「作成の手間が」「配信結果が分からない」「必要な機能を購入すると結局、高くなってしまう」。Benchmark Emailならコストに見合った最大の効果を実現↓

新着ニュースレター(無料)

TOP