不機嫌でも笑顔 上機嫌だから笑顔

 

商談のため、接客のため、面接のため、○○のため……。

外にある理由で、好印象を残そうとするための笑顔もいいけれど、

無理するほどに、何となく目が笑っていなかったり、

ヒクッとひきつったり……?

 

一人になると、つい、ため息が出たり……。

写真を見たとき、残念だったり……。

外向きのテクニックも場面によっては必要だけど、

仮面を付けているほどに、本当は不機嫌になっていたったり、ね。

 

嬉しいから嬉しい!

楽しいから楽しい!

笑顔が出るから笑顔!

 

上機嫌でいられる状態を大切に、私は想っていたい。

ただ、自らのココロのために笑顔でいられる状態を維持することでも、

だんだんと外側の状況に囚われにくくなっていく。

 

自らのココロが踊れることを大事にしているだけで、

気が付いたら、ナチュラルスマイルがにじみ出ている。

いとおしくて、たまらない、わが子を抱きしめているような気持ちで……。

気の置けない、10年来の友といるような気持ちで……。

愛し対する意識( 愛対意識 )の引き出しを持つと疲れにくくなるかも。

 

利他的にもなるような利己的は、相乗効果も生み出して、

結果、効率も上がる。

効率を優先してテクニックで虚飾すると、非効率になる。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 霧モヤ

  2. 「なんちゃって」からの、進化ろん

  3. 読んでいただける方への「敬意」を持つには

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

話し相手(傾聴)サービスのほんわか倶楽部でストレス解消

新着ニュースレター(無料)

TOP