お皿の上の天然塩な自由

 

浅くない染みる言葉たち

自分とは別の だけど

どこかでエンパスる世界観

 

無名も有名も関係なく

シャワーのように浴びたり

じっくり浸かってみたり

 

刺してみたり 温まってみたり

初春の小鳥鳴く そよそよ風も

無慈悲な吹雪に ピキガキ流氷も

 

世界を拡げ 気持ちを深めて

陰も陽も ともにあるのだと

わたしのココロを満たしてくれる

 

そっと まぶたを閉じて

ゆっくり静かに 息を吸いこむ

おだやかな 五月晴れの昼下がり

 

たまには空っぽに

ほわほわ 心地よい脱力感

 

関連記事

TOP