マインドマップソフトを乗り換えてみる

マインドマップソフトを、XmindからEdraw MindMasterに乗り換えしています。

あれやこれやと同時進行で考えて進めていく際、天才でもないし、やっつけ仕事もできない私は、マクロもミクロも、ある程度は思考を整理しながらでないと煮詰まってしまうのです……^^;

整理しながらだと思考の枝が伸びて、拡充もしていきますしね。

マインドマップに限らないけど、思考やアイデア(発想)の整理ツールやフレームは、結構、大事で、それにより加速するし、使い方によっては堂々巡りからも脱しやすいと思います。

下手に堂々巡りをしがちなら、色々とあるフレームワークも案外、ダテではないと思うどころか、しっかり使い込んでいけば、強烈なスピードアップになったりもすると、私は感じています^^

…ということで、その中でも私はマインドマップをよく使っています。

今回、両ソフトをさっと比較してみて、画面のユーザービリティの違い、オフィス系ソフトなどへのファイル形態へのエクスポートや、テンプレート種類の多さの違いは、そのままデスクワーク時短の違いに繋がりそうと思いました。

今までXmindで創っていたファイルをEdraw MindMasterでは開けないのかな~、互換性あるとは書いてないな~と思っていたら…

試しに、Edraw MindMasterにXmindで創ったファイルをドラッグしたら出来ました^^

へぇ~^^

マインドマップで設定していた色彩も、そのままで開けたので、ちょっと嬉しい^^

ソフトを開いた時の立ち上がりが、もっと早ければ嬉しいですけどね~^^

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. どうしても伝えたい。わかってほしいのに伝わらない。

  2. 負の側面ばかりにフォーカスしすぎると……

  3. 緊張してしまいそう・・・な時

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

メールが大事と分かってはいるが…「初期費用が…」「作成の手間が」「配信結果が分からない」「必要な機能を購入すると結局、高くなってしまう」。Benchmark Emailならコストに見合った最大の効果を実現↓

新着ニュースレター(無料)

TOP