絞り込むと、ボボボ・・・と火がつく

仮に、「美容に良い」サプリメントを費用対効果よく売りたいとします。

もし、そこで「美容に良い!」とだけしかキャッチコピーがないとしたら・・・

読み手に「勝手に想像して考えてくれる、思ってくれるだろう」は、集客文では期待しないほうが良いです。

具体的にするとは絞り込むことでもありますが、それだけ惹き付け力が上がるということでもあります。 

焦点がボヤけていると、読み手もボヤけます。 

例えば、虫メガネを通してぼんやりと光を紙に当てていても、火はつかないですが、一点に集中するように角度を調整すると火は付きます。

絞り込むと、ボボボ・・・と火がつくわけですね(^^)

物販でもサプリメントで言えば「美容に良い」や「お腹に良い」のキャッチコピーだけではなく、付随するサブのキャッチフレーズもあります。

「美容に良い」だけでキャッチコピーにしていることは、まずないと思われます。

「40代からのシワ・たるみに効く」など、具体的に絞り込んでいるわけです。
(実際は、40代に限らないとしても) 

・・・あ、この例えだとサプリでなくて、コスメになりますかwww

関連記事

TOP