願う向こう岸

 

脊髄反射で反応したくなったら、抑えつけなくてもいい。

抑えつけずに、反応を出す前に、その反射の内側を、ただ見つめる。

貪欲ではないか、怒りではないか、妄想ではないか、と。

見つめて理解することで、コントロール出来るようになっていく。

 

抑えつけたり放っておくと、蓄積して地雷になってカオスを招く。

暴れるカオスと心からの調和と、どちらが暮らしやすいか。

アクション・言葉・想いのざらつきに囚われ振り回されるか、

穏やかに自由なのが良いか、どちらを選ぶか。

 

目を閉じて、ゆっくり何度もお腹で深呼吸をしながら、内側を感じる。

次に目を開けて、景色や光を観る、五体の感覚にも意識を向ける。

今ここに在る視覚や身体の感覚に意識を集中させる。

深く呼吸を整えながら、呼吸を観察する。

 

自分流に「私はこう考える」は執着。

ただ、在りのままに在ると見据える。

ただ、何も考えず、じっと見つめる。

 

動揺もせず、そのままを「正しい理解」という。

正しく理解することで、苦しみからは解放される。

頭でっかちで考えている限りは分からないから、心で感じて。

 

願う向こう岸 – I wish the other side

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 馴れ合いか、緊張を超えた先か

  2. 「矢が届かないのは」?

  3. 負の側面ばかりにフォーカスしすぎると……

「言葉の糸」

誰かの 少しずつ紡ぐような
哀しみ 痛みの言葉の糸に触れて

近ければ近いほど

自分だけ特殊ではないんだ

異常なんかじゃないんだ

辛いと感じているのは

間違っていなかったんだ

ズレていなかったんだ

そう 一人でも感じてもらえたら

未熟な私が 未熟なまま 紡ぐ言葉

メールが大事と分かってはいるが…「初期費用が…」「作成の手間が」「配信結果が分からない」「必要な機能を購入すると結局、高くなってしまう」。Benchmark Emailならコストに見合った最大の効果を実現↓

新着ニュースレター(無料)

TOP