ふんわりも

 

ふんわり言うのも、コテコテ余計な虚飾がなくて良いと思う。

ただ、ふんわり言ってはいけないところを踏まえようとする気持ちも大事。

いずれも、歪曲させないように、独り善がりにならないように、

出来る限り、分かりやすく気を付けることが大事。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


新着ニュースレター(無料)

Topix

  1. 反面教師から学べる「本当」の大切さと希望

  2. 「他人の不幸は(自己顕示に)蜜の味」ですか?

  3. 「主観」ばかりのケースに感じられるキケン性

話し相手(傾聴)サービスのほんわか倶楽部でストレス解消

新着ニュースレター(無料)

TOP